Graphic

PatoPato

  • Graphic

PatoPato

台湾のベビー用品メーカーPatoPatoのロゴマークのデザインを担当しました。
PatoPatoは、台中・彰化縣彰化市を拠点とするベビー用品メーカーで、30年以上前から欧米メーカーのクッションシートの製造を手掛けてきました。
その技術を活かし、現代の生活スタイルにも溶け込むデザインのクッションシートをはじめ、素材を厳選し、安心・安全に使用できる洗剤や、知育玩具などをデザイン、販売しています。

Neki inc.では、2022年末にロゴマークのリニューアルをご依頼いただき、2023年初頭に台中・彰化縣彰化市にある本社を訪問。現地でPatoPatoの皆さんにインタビューすることからスタートし、およそ半年をかけてロゴマークのリニューアルを担当しました。
初めての海外からのご依頼であり、すぐに対面で打ち合わせをすることができない、また、通訳を介してコミュニケーションを行う、という条件に緊張を感じましたが、だからこそ沢山ラフ案を作成、コンセプトを明確化し、言葉以上にビジュアル自体で語り切れるロゴマークを目指しました。

アートディレクション・デザイン 坂田佐武郎(Neki inc.)
デザインアシスタント 桶川真由子(Neki inc.)
デザインアシスタント 西宮悠(Neki inc.)
モーションロゴ 陳 新璇
クライアント 彩雲飛企業有限公司
関連サイト PatoPato

noteも是非ご覧ください

Latest Post

  • 赤本プラス 古典常識・和歌

  • MOKO

  • PatoPato

  • 美術館を活用した鑑賞教育の充実のための指導者研修 報告書

  • CONNECT⇄_ アートでうずうず つながる世界

  • 織物以前のこと:南太平洋のタパや装い